コラム

世界を学ぶ5「英国のEU離脱」

まえがき

水曜日は世の中のニュースから一つ選び、それについて知識を深めていきます。

未来の自分へのプレゼントとして学びを自分の知らなかった事、よくわかっていなかったことについて
新聞記事やwebをベースに学びこのブログにまとめていきたいと思ています。

記事としての読みやすくするため、極力簡単で端的なものになるよう努めます!
そのためニュースとなっていることを少し掘り下げるようなカタチで書いていきます。

何か発見につながれば幸いです!!

英国のEU離脱

2019年世界中が注目がしたイギリスのEU離脱問題。

12月12日の選挙により、保守派が大勝。
合意なき離脱リスクは避けられた。

そして先日完全離脱にむけて移行期間に入りました。

 

為替的には、選挙日にGBP/JPYの最高値となり今のところそれ以上の値は付けていない。

EU離脱によりGDPは減退が予想されるので、売り注文が多くなり
結果的に高値を押し上げる形とみても良いのだろうか。。。

 

ともあれ、今後注目されるのがEUとのFTA。
英国はこれまで、全貿易の56%がEU向けだったのだが
離脱にともないEUルールに従わない形でFTAをのぞんでいる。

しかし、EUとの協議が必要となり、こんれからイギリスがどのように出るか
注目される。

 

これからどうなる??

FTA交渉は難航が予想されるが
ここでイギリスとEUの間にどのような合意がなされるかで
EU経済を巻き込んだ波乱を巻き起こしそうとの懸念が広がっている。

円滑EU離脱にはしっかりと議論がなされ合意が不可欠。

が、英国のジョンソン首相は今のところかなり強気な態度を取っています。

 

今後互いにどのように話し合いが進むのか
注目です。

 

今回も読んで頂きありがとうございます。

 

<参考>
日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55177340T00C20A2FF8000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53312400T11C19A2MM0000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55073630R30C20A1EA2000/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53368120U9A211C1EA2000/

 

 

-コラム
-

Copyright© 人生を切り開く進化型サラリーマン論 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.