コラム

AIが人を超える日は来るか?

 

今回のテーマは「シンギュラリティ」(技術的特異点)

 

シンギュラリティ(技術的特異点)とは

シンギュラリティ(技術的特異点)とはAIなどの技術が、自ら人間より賢い知能を生み出す事が可能になる時点を指す言葉です。米国の数学者ヴァーナー・ヴィンジにより最初に広められ、人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイル博士も提唱する概念です

引用:https://ledge.ai/singularity/

 

SF映画で見たような

人工知能が人間を超える。

そして、人間を滅ぼす。。。。的な。

 

実はそんな世界が、もう目の前にきているかもしれません。

 

2045年問題とは

 

2045年、AIなどの技術が自ら人を超える知性を生み出せる状態。

つまりシンギュラリティが起こるとレイ・カーツワイル博士が提唱し

様々な憶測を呼んでいる。

 

さらに、2029年にはAIの思考能力が人間の演算能力を上回るのではと

いわれているわけです。

 

私たちの仕事はどうなるのか

 

一番気になるのは、

じゃあ一体どうんな影響が出るの?

っていうこと。

 

簡単に考えて仕事の中でパソコンを使っているものは相当変わってきますよね。

だって10万円のパソコンが人間の演算能力をはるかに超えていくと予測されているわけですから

パソコンに向かってあれやっといて、これやっといてで事務作業の大半が終わるかもしれません。

 

そう考えるとかなりの業界で大革命が起きますよね。

 

それから、今エッセンシャルワーカーと呼ばれる

われわれの生活に欠かせない仕事をする人たちも大部分はAIが活躍していくことでしょう。

 

今人手不足の業界はたぶん人がいらないように変革する

 

今現在多くの業界で人手不足といわれています。

その中でもキツイ、キタナイ、キケンの3K仕事(最近ではカエレナイ、キビシイとかもあるみたい)といわれる

みんなが嫌煙する仕事を中心に確実にAIに置き換わっていくことと思います。

 

僕がそう考える理由は、

確実にAIを開発する人が儲かるから。

そして、社会貢献的な意義も大きく使命感をもって取り組めるからです。

 

つまり、人がやりたくないことや人が少なくて困っていること

きつくて、厳しくて、給料も少ない

でも世の中に絶対に必要な仕事。

だから絶対に何とかしないといけないですもんね。

 

自分の価値を見つめなおすこと

 

まだ確実にシンギュラリティが起こるとも限りませんが、

私たちの生活にAIはなくてはならないものになり、

その存在感はどこまでも高まっていくことでしょう。

 

そんな中で、自分たち自身の価値を磨いていくことが大切なんだと思います。

 

AIがたくさんの仕事を引き受ける一方で

人は人との絆の中でこれまでになかった価値観を共有していくのでしょうか。

 

私たちの幸せの形も変わっていくのでしょうか。

 

あなたはどう思いますか?

 

 
今日も読んでいただきありがとうございます。

何か少しでもお役に立てる内容となっていれば幸いです。

それではまた!

 

***このブログでは幸せな小金持ち伊木ヒロシさんから学んだことシェアしています。
経済的自由と時間的自由を両立することにご興味があれば 以下のオンラインサロンをお勧めします。

自分を最高に生きたいという人にはもってこいだと思います!

→まずはこっち!>>>HappyLife奇跡の7日間(無料メール講座)

→伊木さん主宰、幸せな経済的自由人になるためのオンラインサロン >>>Happy Life Cafe

 

 

メモ

wordpressでWebサイト・ブログを作るなら、
SEOに強い「WING(AFFINGER5)」がおすすめ!

複数のサイト・ブログでも使わせてもらってますが、
安定的な検索流入があります。ほんとありがたいですね。

また、初心者でも簡単に使えて、高度な設定まで可能。

ブログを書いている方やアフィリエイトで稼ぎたい人におすすめです。

詳しくはコチラ

 
 

-コラム
-, ,

Copyright© 人生を切り開く進化型サラリーマン論 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.